東日本大震災 義援金 被災地復興支援活動 | 続ければ大きな力に。桜でつながる日本の絆 | 桜プロジェクト

» 桜プロジェクトとは

プロジェクト概要

メッセージ

 平成23年3月11日に発生いたしました「東北地方太平洋沖地震」により、被災されました皆様には心よりお見舞い申し上げます。 私たちの住む岩手、宮城、福島をはじめ、東日本は未だ大変な状況です。私どもの知人友人親類も多数被災されております。

あれから1ヶ月が経ちます。ここ東北も桜の時期を迎えます。 桜のもとで復興に向けて歩みを進めようとしている方々もいれば、未だ復興への道筋を描くことなどできる状況ではない方々もいらっしゃいます。 それでも桜は被災前と変わらず、奇麗な花を咲かせます。

桜は古来から多くの人々に愛でられ、喜びや癒しを与える自然からの贈り物でした。 また、桜は春になると、死者の魂を咲かせ、はらはらと散っていく。 その潔さもこの世のものとは思えぬ美しさと畏敬を思わせる存在でした。

日本人の心に響く「桜」でみんなの絆をつなげることはできないだろうか?

そこで今回、皆様からの善意とアイディアと後押しにより、桜Tシャツを販売することになりました。

自分のできることは本当に小さい。世の中にとって無意味な事かもしれない。でも、やらないより、やろう!もちろん、被災者の方の感情を最優先にして。 いろいろ悩んで、そう決めました。

今回販売する桜Tシャツの収益金は義援金と桜の苗木になり、被災地に花を咲かせます。 皆さんからの長い支援が桜を大きく育て、奇麗な花を咲かせます。 苗木が立派な木になり、見事な桜の花を咲かせる時、街も復興を遂げ、笑顔の花が咲いているはずです。

長く支援する力にしたい。

桜の苗木を育てる様に、奇麗な花が咲くことを祈る様に、枯れぬように寄り添いたい。

「桜でつながる日本の絆」に少しでも関わった人たちが、被災地への長期間にわたる復興支援について考えて頂ければと思っております。

4月17日には、陸前高田市気仙町へ、丈夫で潮風に強い「大島桜」の苗木を30本お届けしました。

今後も皆さんから寄せられた桜基金で被災地に桜を植える活動に取り組んでいきます。

みなさんの植えた桜が毎年奇麗な花を咲かせられる様、支援し続けましょう。


組織

プロジェクト名 桜プロジェクト
住所 〒021-0867
岩手県一関市駅前1番地 一関商工会議所内
電話番号 0191-23-3434
FAX番号 0191-21-2030
メールアドレス masaaki@i-cci.com
運営母体 当プロジェクトの運営母体は岩手県一関商工会議所青年部になります。

一関商工会議所青年部が当面の事務局となりますが、今後の支援体制を考慮しながら、各団体、企業、個人との連携を出来る限り早急に作りたいと思います。