東日本大震災 義援金 被災地復興支援活動 | 続ければ大きな力に。桜でつながる日本の絆 | 桜プロジェクト

» ロゴマーク取扱規程

“桜プロジェクト”ロゴマーク使用取扱規程


“桜プロジェクト”ロゴマーク使用取扱規程をダウンロード


(趣旨)
第1条 この規程は,一関商工会議所青年部一関支部が定めた,“桜プロジェクト”ロゴマーク(以下「ロゴマーク」という。)を使用する場合の取扱いに関し,必要な事項を定めるものとする。

(申請)
第2条 ロゴマークを使用しようとする者は,あらかじめ「ロゴマーク使用承認申請書」を,一関商工会議所青年部一関支部に提出し,その承認を受けなければならない。
ただし,次の各号に該当するときは,この限りではない。
(1)一関商工会議所青年部会員が使用するとき。
(2)報道機関及び出版社等が“桜プロジェクト”に係る報道及び関連する取組に関するPR(無償)の目的で使用するとき。
(3)その他支部長が適当と認めたとき。

(承認)
第3条 支部長は,ロゴマークを使用しようとする者に対して,次に掲げる各号のいずれに該当するときを除き,ロゴマークの使用を承認するものとする。
(1)“桜プロジェクト”及び関連する取組の品位を傷つけ,又は正しい理解の妨げになるとき。
(2)ロゴマークを正しい使用方法に従って使用しないとき。
(3)法令及び公序良俗に反すると認められるとき又は反するおそれのあるとき。
(4)その他支部長がロゴマークの使用について不適当と認めたとき。

(承認書の交付)
第4条 支部長は,ロゴマークの使用を承認するときは,ロゴマーク使用(変更)承認通知書を交付するものとする。

(使用上の遵守事項)
第5条 ロゴマークを使用する者は,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1)承認された用途にのみ使用し,支部長の指示する使用条件に従うこと。
(2)別途定められたデザインガイドに基づき,色,形状,バリエーション,使用サイズの規制等を正しく使用すること。
(3)イメージを損なう展開又は応用使用はしないこと。
(4)使用にあたっては,承認番号を明示すること。ただし,使用対象の美観,機能等を著しく損なう場合には,これを省略することができる。
(5)当該使用に係る使用対象の完成見本を速やかに支部長に提出すること。ただし,完成見本の提出が困難なものについては,その写真の提出をもって代えることができる。
(6)前各号は,第2条ただし書き各号に該当するときも同様とする。
2 ロゴマークを使用する権利は,第三者に譲渡してはならない。
3 いかなる事由によっても一関商工会議所青年部一関支部に対して何らの損害賠償その他の請求及び権利の主張を行ってはならない。

(承認内容の変更)
第6条 ロゴマークの使用承認を受けた者が,承認内容を変更しようとするときは,あらかじめ支部長に提出し,その承認を受けなければならない。
2 変更の承認については,第3条及び第4条の規定を準用する。

(承認の取消し)
第7条 支部長は,ロゴマークの使用が,この規程又は承認内容に反して使用されたとき又は使用されるおそれがあるときは,当該承認を取り消しすることができるものとする。
2 支部長は,使用承認を取り消すときは,承認の取り消しを受ける者に対して,ロゴマーク使用承認取消通知書により通知するものとする。
3 承認を取り消された者は,承認取消通知日以降,当該承認に係る一切の使用,配布,掲示,販売及び提供等をしてはならない。
4 承認の取り消しにより生じた損害は,当該承認を取り消された者の責任により処理しなければならない。

(使用期間)
第8条 ロゴマークの使用期間は,使用を承認した日から,申請期限最終日までを限度とする。

(使用料)
第9条ロゴマークの使用にあたっては、個人1口以上、法人5口以上(1口1000円)の義援金の協力を依頼する。

(補則)
第10条 この規程に定めるもののほか,ロゴマークの使用の取扱いについて必要な事項は支部長が別に定める。

附則
この規程は,平成23年4月17日から施行する。